コカコーラとラーメンを愛している人のブログ

青森出身。青森在住。コカコーラ、お酒、バスケ、ラーメン、その他思ったことを書きます。

カップラーメン 蒙古タンメン中本 を食べました

 

 

 

蒙古タンメン中本

 

 

東京とかにある、中毒性のある辛いスープが特徴のものだと思ってます

 

 

 

蒙古タンメン中本の前身、中国料理中本(ちゅうごくりょうりなかもと)は1968年9月、板橋区に開店した。創業者は中本正(2014年3月6日没)で、屋号は創業者の姓を取ったものである。創業当初から中本は辛い料理を追求し、他店にはあまり見られないメニューを作り上げた。1998年12月に中本の健康上の理由により一旦は閉店となった。

中本の味に惚れ込んで、20年間も通い続けた常連客の白根誠は中国料理中本を継ぐことを熱望し、中本のもとで修行を始めた。そして2000年、中国料理中本は蒙古タンメン中本として再開した。現在は白根の経営する株式会社誠フードサービスが各店舗を運営している。

2008年頃からセブン&アイ・ホールディングスとの連携を強めており、同年11月に日清食品製造の「蒙古タンメン中本」ブランドのカップラーメンを発売したのを皮切りに[2]、同ブランドのチルド麺・丼弁当などが同社傘下のセブン-イレブンイトーヨーカドー等の店舗限定で全国発売している。なおカップ麺については店で提供するメニューに比べるとやや辛さを抑えており、また辛味オイルを別添とすることで辛さに慣れていない人間でも食べられるようになっている。名前に蒙古というモンゴルを表す言葉が入っているが、ラーメンとモンゴルとは無関係で、先代の中本正が「寒い地域では辛い食べ物が流行りそうだから」という理由でつけた。「辛くてこってり」した味が好評で、冬場は有名店のカップ麺の中でも特に人気がある。

 

 

wikipediaより

 

 

 

 

昔は

青森は

セブンイレブンなかったですが、何かを気に、最近ちらちらと増えてきています

 

 

f:id:coca2w:20170607021337j:plain

 

 

 

 

 

f:id:coca2w:20170607021507j:plain

 

蓋の上に、オイルがあります

 

 

 

f:id:coca2w:20170607021539j:plain

 

蓋をあけると、社長がいます 笑

 

豆腐が入ってるのが特徴的

 

 

 

お湯入れて、オイル入れて、まぜまぜ

 

 

f:id:coca2w:20170607021634j:plain

 

 

 

 

実食

 

 

 

スープは

 

辛い

 

でも、なんか旨味ありますね

 

すんごい、辛いのかと思ったら、そーでもなく、旨味があり、いい意味で裏切られました

というか、最近辛いの好きになってきたから、慣れてきたのか、、笑

 

たぶん、店で食べるのは、もっと辛いんでしょーが

 

 

麺は

 

太麺

 

スープと太麺がよい感じで絡む

 

結構好きな感じです

麺いいですねーーー

 

 

具は

豆腐がいい味出してます

 

あとは、キャベツがなかなか量が入っててよかった

 

 

 

 

総括 ★★★☆☆

 

 

 

全体的に

よかったのですが、

もう少し辛味を期待したので、この結果にしました

 

でも、麺、好きな感じでよかった

 

 

 

店に行って、食べたいと思いました

 

 

 

そーいう意味では、名店シリーズのカップラーメンは需要がある気がします

 

わたしみたいな、人がいるかと思うので

 

 

 

 

こちらからは以上です